舐め犬調教 | 射精管理でM男調教!淫魔女王Saki

射精管理をして欲しいM男にサキュバスクイーンSakiが調教するわよ!

アナル舐めは一番最後よ

S女は舐め犬っていう犬が好きなの。
体のあちこち舐めさせて気持ち良くなれるんだから。
舐め犬っていう語感もいいわよね。
犬が付くと可愛く感じるわ。

舐めさせるのに一番気を使うのがアソコよりもアナルね。
舐め犬によってはNGだったりするから、できるだけ最初に確認しておくわ。
場所が近いのに、役割は全然違うからよね。

続きを読む »

初めてのSMプレイ 家畜M男を調教した時の話し

新しい家畜豚を手に入れました。

今回SM初体験のちょっぴりメタボな中年の豚。

好きなプレイは、黒のキャットスーツにかかとの高いロングブーツを履き、チン踏みをされたり、乳首やチンコをいじめられたり、長時間履いて蒸れたブーツや足の指のニオイを嗅いだり、舐めたり、ビンタされたりするのが好きだというの。

教科書に書かれたような家畜豚だと思ったわ(笑)

続きを読む »

M男を全身舐め調教で舐めまくりだけど、アソコだけは舐めないの

舐めるのも舐められるのも気持ち良いわよね。
今日は舐めたい気分だったから、マゾ男の体を洗ってから寝転ばせて舐めたわ。
勝手に暴発しないようにチンコにコックリングをつけておくわよ。

太ももやお腹をちょんちょんと舐めたり、吸ったりして、ピクってなるのが面白いのよね。
胸のあたりにおいしそうな乳首があるからパクってすると、「あぁん」って女の子みたいな声出るのも好き。
男でも乳首って感じるのよね。
特にM男は乳首開発してるから、すごく敏感なの。

続きを読む »

熟達した舐め犬とのプレイ体験談

舐め犬は女王に奉仕する者の中でも特に有名なタイプのマゾ男よね。
女のアソコや足や手など、あらゆるところを舌で舐めて奉仕するその様はSM調教を早朝するような美しさがあるわ。

と言ってもその美しさは醜くて無様だからこそ輝くタイプのものだから、素人目に見ればただの気持ち悪いおじさんという印象だけどね。
私はもうSM調教を始めて十数年以上経つから、これまでに数えきれないくらいの舐め犬と出会っては、彼らの奉仕プレイを受け入れてあげてきたわ。

だからこそ分かるのだけれど、舐め犬というのはよく調教された犬と調教が甘い犬を比べると、こんなにも違うものなの?と感じてしまうくらいに奉仕の質が違ってくるのよ。
今日はそんな舐め犬の熟練度によってどのくらい奉仕プレイの質が変化するのか、私なりに詳しく紹介していこうと思うわ。

経験は身体を変えてくれる

何度も同じことをしていると人の身体って、その行動に合わせたかたちに変化していくものよね。
筋トレで筋肉がついていくみたいに、これは舐め犬プレイを何度も繰り返している男にとっても同じことなのよ?

たとえば舐め犬が何かを舐める時、必ず必要になる行為って何か分かるかしら?
一つはまずなんと言っても唾液を沢山出すことよね。カサカサに乾いた舌ではどこをどう舐めたってザラザラした感触しかしないから、女は気持ちよくないし男だって舌に負担がかかるようになるわ。

ほかにも体を大きく折り曲げて、長時間女の下半身を舐めて奉仕する力も必要よ?ただしゃがんだり前屈していれば良いってわけじゃなくて、ちゃんとその姿勢のまま長い時間女に奉仕する必要があるのよ。
だからこれまでに挙げたようなことを安全に上手く実現していくためにも、何度も経験を重ねて、たとえば舌であれば常に唾液に濡れさせるように、身体は長く同じ姿勢を維持できるようにならないといけないわ。

こういったことはもうスキルの一つに数えられることだと思うけど、実は舐め犬として奉仕プレイを何度も続けていれば、そんな必要不可欠な基礎能力は自然と向上していくものなのよね。
最初は乾いたままが多かった舌も、長く経験を積めば唾液が沢山出るようになって常に潤った状態になりやすくなるし、腰や背中、肩に負担がかかる姿勢にも段々と慣れていくことができるのよ。

だから熟達したスキルを持つ舐め犬は舌がいつも柔らかく濡れていて、長時間奉仕をしてくれるから本当に良いSMパートナーだって女王もよく実感できるわ。
逆に訓練が足りない舐め犬はあまり気持ちの良いプレイができないし、人によってはすぐに不平不満を言ったりするから駄目よね。

あくまでプレイの中では女王の奴隷として振る舞うべき舐め犬が文句を言うなんて恥ずべき事だから、舐め犬として頑張りたい男はちゃんと経験を積んでいけるように努力していくべきだと思うわ。

ただ舐めるだけで終わらないテクニック

経験を沢山積むだけじゃなくて、自分自身でちゃんと奉仕プレイについて研究している舐め犬は、他の舐め犬より格段に奉仕が上手かったりするものよ。
たとえばただアソコを舐めるだけでも、クンニリングスのテクニックを自分で勉強、研究している犬としていない犬の違いはとても大きなものになるわ。

アソコだけじゃなくて脚や指、腋といった箇所も舐め方一つこだわりを持っている犬と持っていない犬とでは奉仕の具合が全然違ってくるものよ。
だから舐め犬はただ経験を積むだけじゃなくて、自ら進んで上手く舐めるテクニックを磨いていく必要があるということになるのよね。

やることが多いから大変だとは思うけど、本気で舐め犬として優れた男になりたければ、技術の研鑽は常に続けていかないといけないということは覚えておいてほしいわね。
熟達した舐め犬とのプレイ体験は、柔らかく濡れた舌で長時間、それも常に刺激的で驚きが多い快感を味わえるから、女王がその犬に夢中になるのは仕方ないと言えるくらい素晴らしいもの。

だから心から女王に望まれる舐め犬になりたいなら、SMサイトで日々色々な女王様と出会って、経験と知識を沢山積み重ねていくよう努めていきましょうね。

M男マッサージ器は普通のマッサージ器よりも優れてるわ

顔面騎乗

なんか忙しいわ。
家に帰ってまで仕事やらなくちゃならなくて。
とても疲れてるの。

続きを読む »
全8ページ12最後 »

SM出会いサイト分析

SM出会いサイトっていっぱいあってわからないわよね。 私が使ってみて良かったサイトを紹介してるわよ。 どんなサイトか解説もしてるから参考にしてみてね

Sakiのプロフィール

  射精管理 女王様

HN:Saki
SM暦:フリーになって2年

=好きなプレイ=

射精管理・寸止め・前立腺刺激
オナホコキ・アナル開発・足コキ

受身体質の草食男子から
真性ドM男まで食い漁る肉食系女王Saki。
最近はM男と痴女専門出会い系サイトで管理されたいマゾ男を捕まえてるわよ♪

サイト内検索

M男&女王様専門出会い

奴隷市場

M男&女王様出会い

Queen Village

アナル調教がしたい時はここね。
浣腸や前立腺刺激が癖になるの。

私を調教してください