女王Sakiのひとりごと | 射精管理でM男調教!淫魔女王Saki

射精管理をして欲しいM男にサキュバスクイーンSakiが調教するわよ!

saki女王様の独り言-最近のMの好みについて

最近は昔と違って前立腺とかよりも乳首責めを求めるM男、射精管理を求めるM男が多い、こんな感じのつぶやきをお願いします タイトル:saki女王様の独り言-最近のMの好みについて 家でのんびり過ごす事も増えたからかしら。なんだか最近、昔の思い出に浸る事も多くなっちゃって。
なんとなく以前調教したM男達とのメッセージのやり取りを読み返していたのだけどちょっと気づいた事があるの。

それはここ数年、前立腺開発や乳首責め、射精管理といったプレイを求められる機会が増えてきたという事。

昔はSMと言えば、

“何でもします、女王様の専属奴隷にしてください!”
“女王様好みの変態マゾに躾けてください!”

といった主従関係や本格調教を求めるM男が多かったの。
その他にも、

“女王様のおみ足を崇拝させてください!”
“女王様専用座布団に立候補します!”

なんてフェチ系のM男も数多くいたわね。

けれどこの数年は、

“前立腺を開発されてドライオルガズムを経験してみたいです!”
“乳首でメスイキしちゃうくらい乳首責めをお願いします!”
“精液が枯れ果てるまでイキ地獄を味わうような射精管理をしてください!”

といった要望が大多数を占め始めてきたように感じるわ。

いずれも数あるSMプレイの一つではあるけれど、決定的な違いは肉体的快楽に直結するかどうかという点。

一般的に肉体的快楽はチンコをはじめとした性感帯を物理的に刺激される事で得られるもの。
専属奴隷として女王様に仕えたってチンコを弄ってもらえるとは限らないし、脚やお尻を愛でる事は性感帯への直接的な刺激には繋がらない。
どちらかというと、被虐心やフェチ心をくすぐられる事で精神的な快感へと昇華させていると言えるかもしれないわね。
それに対して前立腺開発や乳首責め、射精管理なんかはいずれもダイレクトに性感帯を刺激するプレイであり、肉体的快楽に直接結び付くと言えるでしょう。

つまり、最近のM男は以前に比べて肉体的な快楽を求めてSMを楽しみたいと考える傾向になってきたという事になるわね。

ではなぜ最近になってこういったSMプレイを求めるM男が増えてきたかというとやはりスマホの普及、それに伴うSNS人口の増加が大きく関係しているんじゃないかと私は思うの。

それまでSMと言えば秘密裏に嗜むもので同じ趣味嗜好の者同士が官能的な世界観に浸り楽しむのが主流だったわけだけれども、それはそういった趣味嗜好を持つ者同士がコミュニケーションを取れる場が限られていたから。
また、昔は得られる情報も限られているから、SM倶楽部やフェチクラブ、SMバーといった非日常的なプレイや出会いを楽しむ場所って能動的かつ積極的に探さないと見つからないものでもあったの。だからこそ昔の調教志願者と言えば虐げられたり服従・崇拝する事で性的歓びを得られるといった自身の被虐嗜好を自覚している真性M男が多かったのではないかしら。

ところがスマホが普及した事でよりインターネットが身近となった事で自ら積極的に探さなくたってエロいサイトを見れば誰でもSMの世界を垣間見る事が出来るようになったし、匿名性の高いSNSや掲示板では今まで誰にも言えなかった秘密の性癖をカミングアウトする人も増えてきた。スマホさえ開けば、SM倶楽部のホームページが見られるし、SM系の動画も楽しめるでしょう?中には自身の調教遍歴や日記、変態オナニーの体験談を綴る個人サイトもいる程だから、人間って誰でも多かれ少なかれどこかで自分が抱え続けている秘密を誰かに話してしまいたいって気持ちがあるのかもしれないわね。

と、こんな感じで誰でもSMという世界に触れる機会が増えると性的好奇心旺盛な男性がSMに興味を持ち始めるのは必然とも言える事。とはいえ本格的なSMとなると好き嫌いは分かれるもの。むしろわざわざ望んで苦痛を味わう気にはなれない、なんで自ら進んで女性にこびへつらわなければならないのか、という考えの人の方が多いでしょう。

“SMっぽい事には興味があるけれど痛いのは嫌”
“普通のセックスやオナニーでは味わえない気持ちイイ事をしたい、されたい”

男性の大多数はこういった願望を抱くのが当然。そしてそんな男性達の目に留まったのが、前立腺開発や乳首責め、射精管理といった、ほとんど苦痛を伴わず快感を味わえるような肉体的快楽に直結するプレイであり、求められる事が増えたキッカケじゃないかと私は考えているわ。

長くなったけれど簡単に言えばSMに関する情報が得られやすくなり、真性M男でなくてもSMプレイを気軽に楽しみたいという男性が増えてきたという事。つまり以前に比べてSMの敷居が低くなったとも言えるわね。

これについて、人それぞれ是非はあると思うの。例えば、古き良きSMを愛している人にとってはSMをそんなに軽々しく扱わないでもらいたいと考えるだろうし、その反対により多くの人にSMが認知されるのはいい事だと考える人も少なくない。私個人としてはどちらかというと後者かしらね。
別にSMって限られた人達だけのものではないし、どんな性癖であれ他人に迷惑をかけさえしなければ自分に素直になって楽しめばいいと思う。個人的に楽しんでいる分には第三者がそれをどうこう言う権利はないと思うしね。
それに私としては一人の男性が肉体的快楽に直結するプレイであってもSMに興味を持って変態へと堕ちていく姿を見るのは好きだから。

ただし、いくつか伝えておきたい事があるわ。それはいくら肉体的快楽に直結するプレイといってもすぐに結果が出るとは限らないという事。そして結果が出るまでには多少なりとも何かしらの犠牲を伴うという事。

例えば前立腺開発。多い時には一日数人の志願をもらう事もあるわけだけど、開発したその日にメスイキが出来ると思っている男性も少なくないの。もちろんそういう男性が全くいないわけじゃないけれど、むしろ珍しいわね。
なのに、期待値が高いものだからいざ開発して即日結果が出ないとガッカリしてモチベーションが下がっちゃうなんて男性のとても多い事。ガッカリするだけならまだ可愛いけれど、私のテクニックのせいにされる事もあるだけにそれはちょっと心外ね。

他にも乳首責めで快感を得るにはそれ以前にくすぐったさを乗り越えないといけない人も多いし、射精管理となると快感なのは最初だけで段々辛くなってくる事も。まあだからこそのSMプレイなわけだけど、“気持ちイイ”という部分ばかりがフィーチャーされてしまって、結果的に“思ってたのと違う”って事が起きているように感じるわ。
こんな風に、肉体的快楽と直結したプレイとはいえ、そこへ至るまでに何かしらの苦労はあるしそれゆえのSMというわけだから覚えておいてね。

そこでもし今現在、こういったプレイに興味をもっている、あるいはこれからもつかもしれない男性は女王様にお願いする前にまず、どういった流れで行うのか、どんな感じになるのかを自身で調べておくといいかもしれないわね。
というのも最近調教したメスイキ希望の男性は、事前に前立腺開発の流れを調べてくれていたみたいで、プレイの前からアナルの手入れや下準備を済ませてあったからとてもプレイがスムーズだったの。また、呼吸法やリラックス方法なんかもイメージトレーニングをしてくれていたおかげでアナルは全くの未経験だったのにたった2回の開発でメスイキにまで達する事が出来たわ。それに事前に予習してプレイの雰囲気が掴めているものだから感じ方がすごくやらしくて、私もいつも以上に興奮してちょっとした特別サービスをしちゃった。

と、こんな風に自分で希望のプレイについて調べておく事で早く結果が出たり、女王様に喜んでもらえたり、時には思いがけないラッキーハプニングも期待出来るだけに、女王様に希望のプレイをお願いする前にプレイ内容のリサーチをするのがオススメよ。

男のパイパン 有り?無し?

国によって違いはありますが海外では女性のみならず男性もアンダーヘアを剃ってツルツルにする人が多いです。
日本では女性以上にすぐない男性のパイパン。そんな股間を持っていればまず周りの視線、彼女との初セックスには注目を浴びるでしょう。
しかし、M男の間ではパイパン率がけっこう多かったり。

続きを読む »

SMが楽しめてない!そんなマンネリ解消に私がしていること

日々M男と楽しくSMプレイを楽しんでいますが、どんなに好きなことでもたまに全く楽しめない時もあるんです。

カレーが大好物だとしても3食365日カレーは嫌よね?
大好きでやっていた趣味もある日突然なんか嫌になる・出来なくなる。そんな経験はありませんか?

今日の私はちょうどそんな時。
プレイしたいけど、な~んか気が乗らない。
M男が可愛く甘えてきてイジメたくなるけど、ん~、なんか面倒。
そんな気分。

そんなときは思い切って
続きを読む »

お仕置きとご褒美の境界線

マゾにとってお仕置きこそご褒美なんじゃ?という意見もありますが、お仕置きはお仕置きですのでしっかりキツイ罰を与えなくてはいけません。

お仕置きで一番効果的なのは身体に痛みを与えることです。
痛みを快楽と取るマゾもいますが、そういったM男には精神的苦痛を与えることです。

快楽の痛みではなく、悪い事をしてしまったという罪悪感を感じさせることが重要です。

痛みの与え方も道具を使って与える痛みと平手打ちや蹴りなど女王様自らを使った痛みで比べたとき、女王様自らの方がより効果的だと知りました。

やはり肌と肌のふれあいの方が感情が揺さぶられるようです。

子供の頃、親に叱られたのを思い出すのでしょうか。
冷たい冷ややかな目線と言葉と体罰が一番効果的でした。

一方、マゾにとってのご褒美とは何一つ自分を隠すことなくさらけ出した状態を受け止め、マニアックで変態的なプレイも一緒に楽しめる時間を作ることだと思います。
それが痛みを伴うハードな調教であっても、精神的苦痛を伴う調教であっても悦びに繋がることがご褒美になります。

その境界線をちゃんと区別できるようになるには相手との深い信頼関係が必要になります。人としてはもちろん、SMプレイをする関係として信頼を深めようとする前向きな姿勢が必要となるのですね。

毎日会って焦らしてイジメて、でも射精はさせない貞操帯射精管理日記

僕の名前は靖男、51歳。僕にはツバキという女王様がいる。

ツバキ女王様はSM倶楽部で長年勤務していったベテランS女王様だ。
緊縛、吊し上げ、鞭打ち、金蹴り…色んなことをツバキ女王様から教えて頂いた。
今現在進行形なプレイが貞操帯射精管理である。
まずは貞操帯というものが何か分からない人の為に貞操帯の説明をしたいと思う。
貞操帯(ていそうたい、英語: Chastity Belt・形状等によっては「貞操器具、ていそうきぐ、英語: chastity device」とも)とは、狭義には被装着者の性交や自慰を防ぐ施錠装置つきの下着である。


これが貞操帯である。
僕は今日からこの貞操帯で射精管理をすることになったので、日記を書いていきたいと思う。

12/10

まずは、数日間貞操帯を装着してみて、ちゃんとフィットしているか、痛い場所があったり傷などが発生していないか、など様子を見ながら調整を行い、試着期間を設けた。
その際、陰毛は伸ばしておくと毛の挟み込みにより痛い思いをするので、剃るか短くカットしておいた方が良いと学んだ。
そして、肌と貞操帯の一部分が擦れるような場所(鍵やリング、ベルトなど)では、炎症を起こしやすいので、柔らかい素材で覆うなどしてあらかじめ対処しておいた方が良い。
又、ペニスケースにペニスを挿入する際は、潤滑剤として軟膏(オロナインなど)をケース内部やペニスに塗っておくと入れやすくなる。
もし、痒みが発生するような場合は、痒み止め成分の入った軟膏(フェミニーナなど)を塗布すると良い。
このような理由で、試用中は問題が発生した際に貞操帯を外すことができるよう貞操M奴隷は緊急用の鍵を所持しておいた方が良いと知った。


12/15

射精管理契約の締結
貞操帯の装着に問題がないことを確認したら、本格的に射精管理を始める。
その際には、ある程度ルール決めを行って、射精管理契約書なるものを作成しておくと良いでしょう。


契約書にサインをしたら、いよいよ女王様による貞操M奴隷としての調教生活が始まります。

12/16

調教生活が始まるにあたって、まず最初に女王様と貞操M奴隷の立場がしっかりと明確になるよう御挨拶も含めた儀式を行う。
儀式を終えたら、いよいよ本格的な調教が始まる。
女王様は、貞操M奴隷に粗相があれば罰を、善い行いをすれば御褒美を、そして最高に善い行いをした場合には、至高の御褒美(射精)を与える。
貞操M奴隷は、もちろん女王様に射精の許可がもらえるよう素行良く努めなければなりません。
また、射精を許可する場合もたっぷり焦らして寸止め生殺し状態にし、必ず射精ができるというわけではなく、射精ができるチャンスを与える形にすると良い。
例えば、「ある条件をクリアしたら射精させてあげる」とか「この条件を受け入れるなら射精させてあげる」など、安易に射精させるのではなく試練がある。
もちろん射精させないよう、手束するなど手が使えない状態になり、貞操M奴隷にはペニスを一切触らせないようにさせられる。
こうして貞操M奴隷は長期間の射精を禁止され、そして焦らされ、やっとのことで射精できた際には、それはもう途轍もないない大きさの快楽を得ることができるものである。

12/17

ペニスを清潔に保つため、女王様は少なくとも週に1~2回は貞操帯を外してペニスと貞操帯の双方を洗浄し、その際には同時に毛も剃るか短くカットする。
もちろん貞操帯を外す場合は、貞操M奴隷である僕は後ろ手に手錠をするなりして手が使えない状態にし、ペニスを一切触らせないようにさせられる。

12/18

貞操M奴隷も調教に慣れてくる。そうすると女王様により一層虐めて頂ける?
※精力剤の服用
 性欲は精液の量に比例するため、精液の量を増やすボリュームピルズやエビオス錠がおすすめ。
 タマはすぐパンパンに溜まり、ペニスはギンギンになり、ガマン汁が溢れ出て射精したくてタマらなくなる。
※AV鑑賞をさせる
 勃起したくなり、同時に射精もしたくてしょうがなくなる。
※POI(Points of Intrigue トゲトゲ)の装着
 勃起しようとするとペニスにトゲトゲが刺さり、AV鑑賞など勃起してしまうような状況におかれると拷問。
※電気ショックを与える
 貞操帯の中には、電気が流れるタイプのものがあり、リモコンを使って自由に電気を流すことができる。
※射精を許可した後に、取り消すフリをしたり、実際に取り消したりする
 プレイ前、プレイ中、或いは射精直前にこれをやられると、まさに天国から地獄へ突き落とされ、気が狂いそうになる。
※ミルキングを行う
 貞操M奴隷は、ペニスへの刺激で射精を望んでいたのに、強制的にアナル奥の前立腺刺激によって溜まりに溜まった精液をミルキングによって搾り取られる。
 これで、前立腺ガンの心配はなくなり、肉体的には射精禁止を続けても問題なくなる訳だが、貞操M奴隷にとっては、快楽を得られないまま禁欲生活をさらに続けることになる。

この日記のように毎日女王様から貞操帯による射精管理を受けている。未だに射精を許可されたことが無い。
しかし、私は女王様の奴隷。女王様が良いと言うまで射精は我慢すると決めている。
全13ページ12最後 »

SMコミュニティ分析

SMコミュニティっていっぱいあってわからないわよね。 私が使ってみて良かったサイトを紹介してるわよ。 どんなサイトか解説もしてるから参考にしてみてね

Sakiのプロフィール

  射精管理 女王様

HN:Saki
SM暦:フリーになって2年

=好きなプレイ=

射精管理・寸止め・前立腺刺激
オナホコキ・アナル開発・足コキ

受身体質の草食男子から
真性ドM男まで食い漁る肉食系女王Saki。
最近はM男と痴女専門コミュニティで管理されたいマゾ男を捕まえてるわよ♪

サイト内検索

S女&M男専門コミュ

ラバーフェチM男&痴女コミュ

Shining

ラバーなどの素材フェチが集まっているわ。
第二の肌って不思議な感触よね。

ラバーフェチ痴女を探す
詳細を確認する